自然葬のあり方について

自然葬とはお墓にとらわれない埋葬に対する新しい理念であり、散骨という形で行う海洋葬と山林にお骨を埋葬する樹木葬などがあります。


子供がいないなどを理由にお墓を守る人が将来いなくなるケースや、亡くなった後、自然に還りたいという故人の希望などから自然葬を選ぶ人が多くなってきています。

livedoorニュースで快適な暮らしを実現しましょう。

また、費用が高いお墓に比べて自然葬は費用も安く、今後の手入れの必要も無いという点においても選ばれる理由のひとつと考えられます。

自然葬の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

海洋葬の場合は文字通り、遺骨を粉砕して海に還します。



その際は釣り場や漁場などに影響の無い沖合いで行われることになっています。

そこへ向かうためには船かヘリコプターなどをチャーターしなければなりませんが、他の家族と合同葬という形で行うと価格も安価で出来ます。一方、樹木葬も自然に還るという点では海洋葬と理念は同じですが、必ずしも、遺骨が粉砕されるわけではありません。

墓地として認可された山林の墓地に埋葬し、墓石の代わりに植林や杭、花木などが墓標になります。

宗教や家柄などに関係なく、好きな花木の下で眠るという点、またお墓を継承しなくてもよいという点からも人気です。

樹木葬は墓を建てる代わりに樹木を植えることで自然を壊さずにすむことからも地球環境に優しい埋葬方法として今や注目を集めています。
また、最近では、人だけでなく、ペットの自然葬も広がりつつあります。

ペットの場合は人よりも規制に縛られていない分、費用も低価格で行えるという利点があります。